機能

コンテンツ管理

CALibでは、表組、イメージやリンクなど、各モジュールで作成したデータを素材データとして管理しています。これら素材の組み合わせによりページを作成します。

素材データ

素材データは各モジュールで管理されます。

リンク

各ページのURLと名称、メールアドレスを管理します。
ページを作成するとURLは、自動で登録されます。ページを変更すると連動してリンクも変更されます。

イメージ

写真やイラストなどを分類して管理します。

テーブル

表組データを作成管理します。

ピース

表、イメージ、リンク、文字を組み合わせた素材として管理します。

素材データの利用方法

表やイメージなどの素材データをページなどに貼り付けて利用します。
表にイメージやリンクを貼り付けたり、ピースにピースを貼り付けるなど、自由に組合せても利用できます。

素材データの結合

テンプレートのブロックに直接素材データを結合することができます。
ヘッダ、フッタや右コラムのように用途が定まっていないテンプレートブロックに素材データを結合して利用します。
また、条件を指定することで特定の階層下のみ表示させることもできます。
※用途が定まっているテンプレートブロックにも素材のデータを結合できますが、後回しで結合されます。

素材データの変更と活用

ページの更新

同じ素材データを参照している複数のページなどは、参照元の素材データを変更するだけで更新が行えます。

例えば、「Copyright (c) 2006-2008 MIP.co.,ltd.」というテキストで登録したピースの場合、 2009 と変更するだけで、このピースを参照している全ページは、「 Copyright (c) 2006-2009 MIP.co.,ltd」に更新されます。

ナビゲーションリンク

サイト内の階層構造の変更や、ページ名の変更を行うとナビゲーションリンクが自動更新されます。
ナビゲーションリンクには、以下のものがあります。
 ・メニュ
 ・パンくず
 ・誘導リンク
 ・サイトマップ

構成データ一覧

プレビュ画面では、当該ページを構成している素材データを一覧表示することができます。
表示された構成データ一覧表から変更したい素材データを直感的に探すことができます。選択すると、管理者画面は、当該素材データの編集画面に切替わります。
(C)Copyright 2006-2009 MIP co.,ltd. MIP