2010年7月7日 「介護者のつどい」より

「徘徊と地域のネットワークについて」

7月7日のつどいでは、徘徊とGPSと地域のネットワークづくりについての話題が出ました。参加者の皆さんからの声をご紹介します。

徘徊と地域のネットワークづくり

徘徊と地域のネットワークづくり


写真は大切な手掛かり
「写真」は大切な鍵
「写真」は行方不明者を捜索する際、大変有効な手掛かりになります。警察にお願いするときも、すぐ用意できるよう常にご本人の写真は携帯しておいたほうがよいです!

みんなで動けるしくみづくりを
少しでも早く、少しでもたくさんの目で探すために、警察だけでなく、タクシー会社、お店の人、地域のみんなで動かなくては!香川県支部としては、そのようなネットワークが出来るよう、発信していきたいと思います。

 
 
ミップ