【入場無料】認知症市民公開講座

「認知症」は、75歳以上の高齢者の4人に1人がかかる病気です。認知症に関する正しい理解を深めていただき、早期発見、早期治療を地域として取り組み、認知症になっても安心して暮らせるまちづくりを目的とした市民公開講座を企画いたしました。静岡県富士宮市から若年認知症のご主人と彼を支える奥様をお迎えし、お話いただきます。多数のご参加をお待ちしております。

☆当講座は盛況のうち、終了いたしました。ありがとうございました。

とき:平成22年10月17日(日)10:00~12:15(開場9:30)
ところ:高松テルサ 大ホール
高松市屋島西町2366-1 TEL:087-844-3511
申し込み不要・入場無料
どなたでも参加いただけます。

丸大桃ご参加いただいた方にはこちらの資料をお配りさせていただきます

認知症についてかんがえよう(当日配布資料)
ちびまる子ちゃんが表紙の、「認知症」について学べるパンフレットです。
「認知症のお年寄りへの対応」
「認知症の高齢者への具体的な接し方」
「もしかしたら認知症?-認知症ひとりで悩まず地域でともに-」


10:00-10:05
開催挨拶・総合司会 香川大学医学部精神神経医学講座 教授 中村祐先生

10:05-11:00
講演『認知症を受け入れるということ』 佐野光孝様・明美様ご夫妻
コーディネーター グループホーム邑 施設長 馬場啓子様

≪休憩 11:00-11:15>>
11:15-12:15
パネルディスカッション『認知症の症状・治療・ケアについて』
パネリスト
田北メモリーメンタルクリニック 院長 田北 昌史先生
福岡大学精神神経科 准教授 尾籠 晃司先生
グループホーム邑 施設長 馬場啓子様

共催:木田地区医師会、エーザイ株式会社、ファイザー株式会社
後援:香川県、公益社団法人「認知症の人と家族の会」香川県支部
問い合わせ:エーザイ株式会社 TEL:087-823-1601

※無料駐車場がございますが、数に限りがありますので、なるべく乗り合わせてご来場ください。また、路線バス「屋島大橋線」の「高松テルサ」バス停もございますのでご利用ください。
CALib(カリブ)