カリブ実験室は CALib の運用試験を兼ねた開発者の個人的なサイトです。ここにある情報は非公式とお考え下さい。

 階層下キービジュアル
 
 

CALib奮闘記

CALib は難しい事なんかない。と云う事を証明するために CALib に関する事情や裏ワザもまじえて書き込んでみようと思っています。CALib カテゴリ配下にぶら下げていましたが、別途プレコリを始めたので、ブログカテゴリ配下に移動しちゃいました。アクセスパスは変わっていないと思います。

 条件展開文

 
時計 2009-01-13 14:13:00
CALib2.0の新機能の一つに、ピースモジュールの条件展開文があります。これまでデータ結合条件でだけ設定していた機能が、ピースモジュールに実装されました。データ結合条件はこれまで通り使用可能です。ピースモジュールの条件展開文は以下の様な書式で記述します。
パス:bg:展開データ

パスは、データを展開するパスを指定します。bgは、対象データを背景画像として展開する場合に指定します。展開データは、展開の対象となる対象データの参照文字列を指定します。各カテゴリ毎に階層下のキービジュアルを変更したい場合に以下のように設定します。以下はミップサイトの例です。
/service/*::[[imag:Service/サービス:100]]
/profile/*::[[imag:Profile/会社情報:101]]
/news/*::[[imag:News/ニュース:102]]
/recruit/*::[[imag:Recruit/採用情報:103]]
/question/*::[[imag:Question/お問合せ:104]]

またブロックの背景画像を指定したい場合、これまではテンプレートブロックに指定するか、フォントスタイルに指定するか、テーブル(表・行・セル)に指定する方法以外にありませんでしたが、ピースモジュールの条件展開文を利用する事で、すべての部品ブロックに任意の背景画像を指定する事ができるようになりました。しかも背景画像を指定しないフォントスタイルを一つだけ利用し使い回す事ができます。

ピースモジュールの条件展開文は、これ以外の隠された利用方法も幾つかあり、今後も拡張予定です。実験的な取り組みもありますので、徐々に利用方法を開示してまいります。

Trackback Ping URL
http://www.calib.jp/pa/tetsu/trackback/TMQnVMq0_L1_yl.html
この記事へのコメントを登録できます
お名前
タイトル
コメント
 
このイメージの文字を入力してください。

最近の記事
2015-11-06 17:12:00  CALib じゃないけど
2012-11-05 17:00:00  リバースプロキシ
2009-01-13 14:13:00  条件展開文
2007-09-16 02:49:00  認証モジュール
2007-09-12 19:50:00  表モジュール
2007-08-22 19:34:00  汎用フォーム
2007-01-04 11:45:00  素材データ
2007-01-02 15:25:00  グループ
顔の見える診療所