2015イベント情報

ハンブルク大学教授講演会を開催しました!

 11月25日(水)、ハンブルク大学法学部教授マルクス・コツアー(Markus Kotzur)氏に国際健康開発センター(神戸市中央区脇浜海岸通1丁目5−1)へお越しいただき、EUIJ関西、神戸日独協会との共催で講演会を開催しました。

ハンブルク講演会1

 講演では、観光業におけるシェンゲン協定の重要性、ドイツおよび欧州の難民問題や11月中旬にパリで発生した同時多発テロ事件の影響などについてもお話いただきました。
「往来の自由は安全が保障されているからこそ魅力的である」「例外措置をとる場合はあっても、シェンゲン協定の精神そのものを疑問視してはならない」「安全確保のためには各国の警察組織のさらなる確立が必要である」「欧州外からやってくる人々の不安感を払拭できるような正しい情報を提供できるよう努力すべきだ」という4点を中心に、「国内各地で開催されるクリスマスマーケットの警備はドイツ警察にとっては頭が痛い問題である」といった具体例を挙げながら、わかりやすく説明していただきました。
 また、「大量の難民が一度に押し寄せている状況で、就学の義務は守られているのか?」「シリアに対する今後のドイツの対応は?」といった質問もあり、ドイツ及び欧州の現状について参加者の理解も深まった様子でした。

ハンブルク講演会2

 あいにくの雨でしたが、40名以上の方にお越しいただきました。お忙しい中ありがとうございました。

留学生交流プログラムin篠山を開催しました!

日本国際連合協会兵庫県本部との共催で、11月21日~22日に留学生交流プログラムin篠山を雲部地区、日置地区で実施しました! 留学生等14人が参加し、1泊2日の間、里山工房くもべや中立舎の方々と交流しました。

篠山1

1日目は、特産品である黒豆の葉取り作業を体験しました。手間暇かけて育てられていることがわかり、日本の農業や地域食材への関心がさらに高まりました。

篠山2

篠山3

くもべで工房見学をした後、夜は日置地区にある中立舎で鶏のすきやきを作り、鍋を囲んで地元の方々と交流しました。

篠山4

篠山5

夕食の後は日置地区の歴史を学び、最後はデカンショ踊りで締めくくりました。


篠山6

篠山7

2日目は中立舎の前で記念撮影をした後、磯宮八幡神社を見学。磯宮八幡神社のハダカガヤは国の天然記念物に指定されています。

篠山8

篠山9

雲部車塚古墳や洞光寺を散策した後、特製「くもべんとう」をいただき、午後は今後のさらなる地域再生について、意見交換を行いました。


たくさんの篠山の魅力を発見できた、楽しい2日間でした!雲部、日置のみなさん、本当にありがとうございました!


11月21日(土)、22日(日)に留学生交流プログラムが開催されます。

県内に学ぶ、あるいは滞在する様々な国からの留学生を対象に、兵庫の農山村の暮らしに触れ日本文化や伝統産業を体験する1泊2日の合宿を、日本国際連合協会兵庫県本部との共催および合同会社里山工房くもべの協力により実施します。

日時:2015年11月21日(土)、22日(日) 1泊2日
場所:兵庫県篠山市
主催:兵庫EU協会、日本国際連合協兵庫県本部
協力:合同会社里山工房くもべ
後援:(公財)兵庫県国際交流協会
問合せ:日本国際連合協会兵庫県本部(兵庫県国際交流協会内)
TEL 078-230-3090
※ 参加者の募集は終了しました。

【参加者募集中!】11月25日(水)平成27年度 第3回EU各国セミナーを開催します!

兵庫EU協会は、ハンブルク大学のマスクス・コツアー教授をお招きし、ドイツの観光政策と文化保護政策についてお話しいただきます!

日 時:2015年11月25日(水)15時00分~16時45分(14時30分開場)
場 所:国際健康開発センタービル3階((公財)兵庫県国際交流協会)
神戸市中央区脇浜海岸通1-5-1
言 語:ドイツ語(逐次通訳)
定 員:40名
主 催:兵庫EU協会、EUインスティテュート関西、神戸日独協会
後 援:(公財)兵庫県国際交流協会
参加費:無料(要申込み)
※ 講師経歴や申し込み方法などについてはこちらのチラシをご覧ください。
※ 講演会後には懇親会を予定しております。奮ってご参加ください(会費は一般2,000円、学生1,000円です。11月12日(木)までにお申し込みください)。



EUインスティテュート関西



講演会「ウクライナ情勢について」を開催しました

10月7日(水)、HIAは兵庫県および兵庫EU協会との共催で、講演会「ウクライナ情勢について」を兵庫県公館で開催しました。
講師は前駐ウクライナ日本国特命全権大使で現兵庫県参与の坂田東一氏です。
ウクライナ1
会場は兵庫県公館。ドラマの撮影などにも使用されます。

坂田参与は、ウクライナの地理と歴史について概略なさった後、在任中に発生したウクライナ危機を6つのフェーズに分けながら、各段階の背景と推移を詳細に解説なさりました。
その客観的かつ順序だてた整理と分析により、「これまでは報道による断片的な知識しかもっていなかったのに、それらが一連の出来事としてつながりました」という感想が多数見られました。
また、一連の危機の最中、市中にバリケードが築かれたために在ウクライナ日本国大使館の職員が大使館に近づけず、ホテルの一室で業務を進めていたというエピソードや、ウクライナの指導者たちに実際にお会いになったときの印象や感想などは、現地にいらっしゃった坂田参与だからこそのお話でした。
ウクライナ2
講演する坂田参与

さて、坂田参与によると、ウクライナ危機解決は「ミンスク合意Ⅱ」が十全に履行されるかにかかっているとのことです。ウクライナ問題が日本にも影響を及ぼしうる世界規模の問題であることを今や十分に認識した講演会参加者がその履行を切に願う中、講演会は閉幕となりました。
ウクライナ3
およそ230名の方々にお越しいただきました。お忙しい中ありがとうございました。

【参加者募集中!】10月7日(水)平成27年度 第2回EU各国セミナーを開催します!

兵庫EU協会は、前駐ウクライナ日本国全権特命大使、元文部科学事務次官で兵庫県参与の坂田東一氏を講師に迎え、EUにおける重要な課題の一つであるウクライナ危機について、その背景、経緯、現在の状況、世界への影響などについてご講演いただきます。

日 時:2015年10月7日(水)13時30分~15時30分(13時開場)
場 所:兵庫県公館大会議室
神戸市下山手通4-4-1
主 催:兵庫県、(公財)兵庫県国際交流協会、兵庫EU協会
参加費:無料(要申込み)
※講師経歴や申し込み方法などについてはこちらのチラシをご覧ください。


オックスブリッジ・神戸大学公開討論会を開催しました

兵庫EU協会は、オックスブリッジ英語サマーキャンプ神戸大学実行委員会との共催、(公財)兵庫県国際交流協会の後援で、平成27年8月13日(木)にEU総合セミナーを開催しました。
夏季休暇中に来県した、イギリスのオックスフォード大学およびケンブリッジ大学の学生が、英会話講座の実施や国際交流事業への参加を通じて、県内の大学生および一般市民と交流しました。
一連の事業の締めくくりとして、両大学生と神戸大学の学生による英語討論会がEU総合セミナーとして開催されました。

討論会には神戸大学の学生8名が参加。日本の今後の移民受け入れのあり方について賛成派と反対派に分かれ、経済、文化、社会の観点から、それぞれの主張を5分間で展開しました。
少子高齢化による労働者不足は移民を多く受け入れることで解消されるという主張に対しては、移民への教育や職業マッチングの問題などを指摘することで反論し、移民の受け入れは文化の多様性を促進するという意見に対しては、多様な文化的背景への無理解は差別を助長しうるという見解を示すなど、具体的な論点に沿った討論が続きました。
自由討論では、先に発言して主導権を握りつつ相手方の議論の弱い点を指摘するなど、ますます熱のこもったやりとりが見られました。
Oxbridge1
白熱する議論

討論終了後にはオックスブリッジ学生による総評がありました。
「日本語を話せない私が英語を教えることで兵庫県の皆さんの国際交流に貢献しているように、その国の言語を話せなくてもその国の経済、文化、社会に貢献する仕方はある」というコメントが印象的でした。
なお、討論前には移民受け入れに懐疑的だった聴衆を見事に説得できたという理由で、国境開放賛成の側に立った学生たちが今回の討論会の勝者と判定されました。
Oxbridge2
討論会の審査員を務めるオックスブリッジ学生

移民の受け入れには賛成と反対だけでなく部分的開放などの中間的な意見もありうるという指摘を聴衆から受けるなど、日本でも今後ますます議論を呼ぶことが予想される移民政策に対する問題意識を会場全体で共有することができました。
「英語でディベートするスキルの必要性をあらためて感じた」、「ハイレベルな英語討論を聞くことができて、とても刺激になった」といった感想も多数いただきました。
Oxbridge3
討論会参加メンバー
前列:オックスブリッジ学生
後列:神戸大学生

【オーディエンス募集中!】8月13日(木)平成27年度 EU総合セミナーを開催します!

兵庫EU協会は、「オックスブリッジ英語サマーキャンプ2015」で来県中の英国オックスフォード・ケンブリッジ両大学の学生と神戸大学の学生の公開討論会を開催します。
国際社会が直面する様々な問題について、神戸大学生が英国の学生を相手に英語で議論を仕掛けます。

日 時:2015年8月13日(木)13時30分~15時30分(13時受付開始)
場 所:国際健康開発センタービル5階会議室2(神戸市中央区脇浜海岸通1-5-1)
言 語:英語(通訳はございません)
主 催:兵庫EU協会、オックスブリッジ英語サマーキャンプ神戸大学実行委員会
後 援:(公財)兵庫県国際交流協会
参加費:無料(要申込み)
申込み:FAXまたはEメールでお申し込みください。
    FAX:078-230-3280
    Eメール:hia-ex-co@net.hyogo-ip.or.jp
問合せ:兵庫EU協会事務局
    TEL:078-230-3090


駐日ハンガリー特命全権大使講演会を開催しました

兵庫EU協会は関西ハンガリー交流協会との共催で、平成27年6月12日(金)にEU各国セミナーを開催しました。今回お招きしたのは駐日ハンガリー特命全権大使のイシュトヴァーン・セルダヘイ博士。神戸大学で近代日本史を研究し、修士号を取得した大使にとって、「兵庫県は思い出の地」とのこと。


セルダヘイ大使は講演の中で、ときにユーモアで会場を沸かせながら、ハンガリーの地理、産業、観光について概略した後、ハンガリーがEU内でどのような立場にあるのかを解説してくださいました。ハンガリーのハチミツやワインは日本でも知られていますが、フォアグラの輸出量が多く、ハンガリーが温泉大国であることをみなさんはご存知でしたか?また、自動車産業を中心に多数の日系企業がハンガリーに進出して雇用を創出するなど、日本はハンガリーの経済に大きく貢献しています。

ハンガリー大使講演会1
イシュトヴァーン・セルダヘイ大使

2011年上半期、ハンガリーはEU議長国として、クロアチアのEU加盟を後押しし(2013年加盟)、8カ国を流れるドナウ川の地域戦略を先導するなど、EUの中で重要な役割を果たしました。EU中堅国の外交戦略においては、例えば日本と交渉する際、ハンガリー単独、中欧ヨーロッパ諸国(「V4」 ヴィシェグラード4ヶ国)との連合、そしてEU全体と、3つのレベルのいずれで進めることがハンガリーにとって最善であるかの見極めが難しいが、そこに外交官を務める面白さがあると仰いました。

ハンガリー大使講演会2
満員の講演会場

質疑応答ではハンガリーのスポーツや交通にまで話が広がりました。講演の内容だけでなく、大使の人柄や流暢な日本語も相俟って、参加者からは「ハンガリーをより身近に感じることができた」との声が多数聞かれました。

2015年05月20日 【参加者募集中!】6月12日(金)平成27年度EU各国セミナーを開催します!

【参加者募集中!】6月12日(金)平成27年度EU各国セミナーを開催します!
兵庫EU協会は、イシュトヴァーン・セルダヘイ駐日ハンガリー特命全権大使を講師に迎え、ハンガリーの歴史・文化、EUにおけるハンガリーの役割、ハンガリーや周辺国と日本の友好・協力についての講演会を開催します!

日 時:2015年6月12日(金)14時30分~16時00分(14時開場)
場 所:国際健康開発センタービル3階((公財)兵庫県国際交流協会)
言 語:日本語
主 催:兵庫EU協会、関西ハンガリー交流協会
後 援:駐日ハンガリー大使館、(公財)兵庫県国際交流協会、EUIJ関西
参加費:無料(要申込み)
※ 講師経歴や申し込み方法などについてはこちらのチラシをご覧ください。

顔の見える診療所