窒素系サイディング用ダイヤモンドチップソー(DE型)

フルダイヤチップソー DE6
6ダイヤ
・価格を抑え他社の8ダイヤ・10ダイヤにも匹敵する
耐久性を維持しています。
・ダイヤチップには従来の8・12ダイヤに使用している
高級ダイヤを採用。
・ダブルガレットの採用により切粉のハケが良く
軽く楽に切れます。

☆さらにその刃先仕上げは、ダイヤモンド砥石で
 共磨り研削をして研削精度を高めています。
 それにより更に耐久性が向上します。
DE-6-125 のコピー
サイズ:外径×歯数×台厚(切巾)×穴径
用途
 80×6P×1.25(1.9)×20
100×6P×1.25(1.9)×20
110×6P×1.25(1.9)×20
125×6P×1.25(1.9)×20
窯業系サイディング等
(セメント系材質には適しません)
希望小売価格:各サイズ・・・19,000円(税別)
フルダイヤチップソー DE8
(静音スリット仕様)
8ダイヤ
・従来の切れ味に静音をプラス,イライラを解消しました。

・ライフはそのまま、更に切れ味を向上させました。

・ダイヤそのものが他社品に比べて非常に硬いものを
 使用しております。

☆さらにその刃先仕上げは、ダイヤモンド砥石で
 共磨り研削をして研削精度を高めています。
 それにより更に耐久性が向上します。
b
サイズ:外径×歯数×台厚(切巾)×穴径 用途
 80×8P×1.25(1.9)×20
100×8P×1.25(1.9)×20
110×8P×1.25(1.9)×20
125×8P×1.25(1.9)×20
窯業系サイディング等
(セメント系材質には適しません)
希望小売価格:各サイズ・・・19,900円(税別)
フルダイヤチップソー DE12
(静音スリット仕様)
12ダイヤ
・静音構造の基板を採用しています。更に特殊シリコンを
埋め込むことにより、耳につく高音をシャットアウト,イライラ作業がなくなりました
・従来、12ダイヤともなると切れ重くなりますが
 その点を解消しシャープな切れ味を実現しました。
 更にロングライフの向上に努めました。

・切断面が綺麗に仕上がります。

☆さらにその刃先仕上げは、ダイヤモンド砥石で
 共磨り研削をして研削精度を高めています。
 それにより更に耐久性が向上します。

DE12-125 のコピー.jpg
サイズ:外径×歯数×台厚(切巾)×穴径 用途
100×12P×1.25(1.9)×20
125×12P×1.25(1.9)×20
窯業系サイディング等
(セメント系材質には適しません)
希望小売価格:各サイズ・・・31,800円(税別)
用途材質
P1040744]
P1050082


切丸 フルダイヤチップソー
あなたはダイヤチップーにどのような性能をお求めですか?
ダイヤチップソーの出来るまで
基板加工 コンパックスダイヤ加工
レーザーによる鋼板の形状・スリット加工 ダイヤチップの選定(考技術資料3)
下矢印
下矢印
熱処理加工・歪み取り加工 ダイヤチップ形状切り出し
下矢印
下矢印
スリットシリコン充填(スリット付きのみ)  切り出したダイヤチップのロー付け面の処理
下矢印
下矢印
平面研削加工 切り出したダイヤチップの形状品質確認
下矢印
下矢印
チップロー付け面(チップ座)の表面処理
下矢印
下矢印
下矢印
ロー付け・検査
リターン
下矢印
 
表面加工(メッキ加工)
下矢印
最終歪修正・検査
下矢印
ダイヤチップ形状加工・成形研削工程
下矢印
防錆処理(サビ止め処理)
下矢印
印刷・包装
下矢印
倉庫にて管理
下矢印
出荷


ダイヤチップソーの選定
6ダイヤ 8ダイヤ 12ダイヤ どれを選ぶ?
6ダイヤを使ってみよう。
メリット
※ 6ダイヤはコストパフォーマンスに優れています。
 (高品質ダイヤは高価な為、歯数が増えると価格に影響します。)
※ 切削時の抵抗が少ない為、軽快に切削する事が出来ます。
デメリット
※ 6ダイヤは8ダイヤ・12ダイヤと比較すると歯数が少ない分、同じように切削すると切断面が粗く
 なります。
※ 6ダイヤは8ダイヤ・12ダイヤと比較すると短寿命になります。
 (しかし使用している焼結ダイヤの品質が違うので、一般に市販されている8・10ダイヤと同等以上です。)


8ダイヤを使ってみよう。
メリット
※ 切削性能と価格のバランスを両立させた標準的なフルダイヤチップソーです。
 (迷った時はこちらをお使いください。きっとご満足いただけます。)
  一般的に市販されているフルダイヤチップソーとは
              一味違ったハイレベルのフルダイヤチップソーです。


最高品質の12ダイヤを使ってみよう。
メリット
※ 最高の切断面を追及しました。切断面の品質にこだわる方はこちらをお使いください。
※ 通常の12ダイヤは切削時の抵抗は若干重くなりますが、8ダイヤと同様に軽快に作業が出来ます。
デメリット
※ 値段が8ダイヤ等に比べると高くはなりますが、切丸12ダイヤの高品質をお試しください。



Q フルダイヤチップソーって値段がピンきりだけどどこが違うの?
ダイヤチップソーに使用しているダイヤの種類による影響が大きいです。加工がしやすい ものだと値段は安く出来ますが加工がしやすいという事は磨耗も早くなります。
切丸シリーズでは加工のしやすさよりも耐久性を追及した品質重視のフルダイヤチップソーを製造しております。
Q ダイヤチップソーって ピッチ(歯数)がどうして少ないんですか?
歯数は多ければ切断面は綺麗になりますが ダイヤチップが高価な為,価格に大きく影響します。
125丸までの窯業系ダイヤチップソーでは6ダイヤ~12ダイヤが主流
Q 以前に気に入って使っていた 3ダイヤって最近見かけないけど・・・どうして販売していないんですか?
ダイヤチップソーが出始めの頃は焼結ダイヤのブランクが現在より数倍,高価なものでした。
以前は超硬とコンビネーションで使われていましたが超硬刃が磨耗すると3個のダイヤで切断する事になり値段が高い割りに性能面で問題がありました。
現在ではすべての刃に耐久性を持った焼結ダイヤチップが採用されています。
Q ダイヤチップソーのくせにすぐに欠けが発生した。不良品じゃない?
ダイヤチップは非常に硬く欠け易い性質を持っています。ダイヤ刃先の欠ける原因はいくつかありますが, その一番多いのが
 1) 当て切りや回転が上がりきる前に サイディングボードなどと接触して壊れる事があ
    ります。
 2) 丸鋸の機械の安全カバーがなく ダイヤチップと何かが当たりクラックが入るケース
    が多い。使用時にチップが飛散する。
 3) 被削材の中に釘や石などが含まれていて,それにダイヤチップが当たり破損する。
    ダイヤチップソーは金属や石などの物の切削には適しません。専用のチップソーを
    お使いください。
 4) 被削材の中に異物が混入している場合があります。出隅などを作られる場合に釘を
    使われるケースがありこれを切断した場合に壊れたというケースがあります。
Q ダイヤチップソーよりも超硬チップソーの方が切削時の力が要らないのですが・・・・ 
ダイヤチップソーは窯業系サイディングなどの切断に用いられますが,超硬チップソーの方が刃数が多く先端・掬共角度を持っている超硬チップソーの方が初期は軽い力で切断できます。 
ところが今の部材は硬さを増して来て超硬では短寿命になってきております。ダイヤチップソーを使うことにより超硬のような初期の切れ味は無いですが,同じ切れ味をダイヤチップソーは持続する事が可能です。
Q 6ダイヤと12ダイヤで切削時の違いってあるんですか?
切断面は歯数が多いほど綺麗な切り口になります。12ダイヤの綺麗な切断面をお試しください。 切断時の感覚は6ダイヤが軽く感じます。刃数が増えればその分だけ抵抗が増し現在の窯業系ダイヤチップソーでは重く感じるようになります。
切丸12ダイヤではその辺りを工夫により8ダイヤ程度の力で作業をする事が出来ます。
Q ダイヤチップソーは再研磨できるんですか?
もちろん出来ます。最近の安いダイヤチップソーは使い捨てにされていますがエコの時代です。切丸本来の持ち味を十分生かしていただいて、コストダウンに挑戦してください。 きっとお役に立てると思います。
Q 切丸って聞かないブランド名だけど?
チップソーの製造メーカー弊社の電動用チップソーのブランド名です。 草刈チップソー・電動チップソー・ダイヤ製の切断用カッター&切削工具等の製造を自社で行っております。海外製品が多い中、 純日本製に拘って製造を行っているメーカーです。 安心してお使いください。
Q 前回購入のダイヤチップソーと今回のダイヤチップソー 同じように使っているのですが寿命がまったく違います。
寿命のばらつく原因には 鋸刃が原因の場合と機械に原因がある場合 使い方に原因がある場合があります 振動の発生原因が丸鋸刃本体にある場合 寿命は極端に短くなります。 ダイヤモンドチップソーは検査を行った上で出荷しておりますが、お気づきの点があればご連絡ください。 機械が古くなってきた場合などに起こる原因として 軸が痩せて丸鋸刃が回転の中心に取り付いていない場合、 振動が発生します。 ゴミ等を挟み込んだ場合も同様の現象が起こります。振動を感じたら点検してください。
Q 早く切るのとゆっくり切るのはどちらが長持ちしますか?
早く切っても遅く切っても丸鋸刃の寿命は短くなります。 無理に押し進めると刃先に大きな負担をかけますし、ゆっくり過ぎると同じ所を何度も擦るので当然磨耗が早まります。鋸刃が力を無理に加えることなく滑るように切れていくスピードが最適です。切れるがままに切りましょう。
Q ダイヤチップソーだから石は切れるよね?
残念ながら切丸フルダイヤチップソーでは石は切れません。石の切断には同じようにダイヤの丸鋸と呼ばれていますが、電着ダイヤ(砥石)で切断をされています。 切丸ダイヤチップソーを石の切断に使われた場合チップは破損します。
Q ダイヤチップソーの中心部分の穴の大きさっていろいろあるんですか?
現在、電動工具で使われている穴径(内径)は外径190㎜ぐらいまでは特殊なものを除いて20mmでほぼ統一されています。大径になれば一般的な電動工具は25.4㎜で統一されています。(特例もあります)
Q まっすぐ切っているのに曲がるのですが・・・・
電気のコードが引っ張っていませんか?また機械によって押す場所が中心から
左右にずれている物があります。この場合は当然どちらかに曲がる力が掛かります。また丸鋸刃の切れ味が左右どちらかだけ落ちた場合にも現象が起こります。丸鋸刃に問題があると思われる場合はご連絡ください。
Q 丸鋸の機械から 刃物はどれぐらい出せばいいの?
職人さんの工夫でホコリが出ないように 被作材の厚みギリギリにセットされている方がほとんどです。中には下にマットを敷いてそれと一緒に切断されている方もおられました。 
集塵装置が付いていてもどうしてもホコリが気になります。
ちょっとした工夫でかなりの差が出るようです。




型式 外径×歯数×台厚(切巾)×穴径 希望小売価格
 枚/円 
(消費税別途)
通販価格
(通常)
(消費税込み)
枚/円
MIK職人の会
 会員特別価格
(消費税込み)枚/円
DE6
80×6P×1.25(1.9)×20
19,000円
8,860円  
DE6
100×6P×1.25(1.9)×20
19,000円
8,860円  
DE6
110×6P×1.25(1.9)×20
19,000円
8,860円  
DE6
125×6P×1.25(1.9)×20
19,000円
8,860円  
DE8
80×8P×1.25(1.9)×20
19,900円
9,060円  
DE8
100×8P×1.25(1.9)×20
19,900円
9,060円  
DE8
110×8P×1.25(1.9)×20
19,900円
9,060円  
DE8
125×8P×1.25(1.9)×20
19,900円
9,060円  
DE12
100×12P×1.25(1.9)×20
31,800円
14,310円  
DE12
125×12P×1.25(1.9)×20
31,800円
14,310円  
 

☆ダイヤモンドチップソーとは・・・参考資料(2)

電動一覧表




PAGE TOPへ