世界アルツハイマーデー記念フォーラム2010

本日、9月21日の世界アルツハイマーデーにあわせ、記念フォーラムを行いました。高知県の菜の花診療所より北村ゆり先生をお迎えし、認知症との上手な付き合い方について講演いただきました。ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

記念フォーラム2010 北村ゆり先生

本日は、あわせて香川県支部の今後の活動についても世話人代表の松木よりお話させていただきました。新たに企画部、広報部、事業部を作り、認知症の方やご家族が、安心して暮らせる社会を築くために、組織のさらなる発展を目指し活動してまいりたいと考えております。ご協力頂ける方は、ぜひ香川県支部まで、ご一報いただければと思います。


-----------------------------------------------------

2010年9月12日(日)10時から12時、香川県社会福祉総合センターにて、世界アルツハイマーデー記念フォーラムを開催いたします。

世界アルツハイマーデー記念フォーラム2010

今年の記念フォーラムでは、認知症との上手な付き合い方について、高知県の神経内科・心療内科「菜の花診療所」北村ゆり先生にご講演いただきます。また、香川県支部の活動をさらに充実させていこうと世話人代表松木よりお話させていただきます。

地域で認知症の方を支えていくにはみなさんの力が必要です。
認知症を患っているご本人、介護をされている方、福祉の仕事に携わっている方に限らず、どなたでもご来場いただけます。(参加費無料)

矢印大緑交通案内
【交通案内】香川県社会福祉総合センター

矢印大青講師プロフィール
北村ゆり(きたむら・ゆり)

平成2年高知医科大学卒業、神経精神科学教室入局。
平成3年朝倉病院及び老人ホーム認知症棟嘱託医。
平成5年精神病院赴任したが、平成7年には老人保健施設治優園(認知症棟あり)赴任、認知症の人と家族の会高知県支部設立に寄与した。
平成8年大学に戻り研究を始めるも、認知症と環境の関係の研究と称し施設を回り、認知症の地域実態調査を行ううちに、認知症の早期発見と、適切な医療の必要性を痛感。
敷居の高い大学病院の限界を感じ、平成12年真田順子とともに菜の花診療所を開設。認知症の方が気軽に受診できる診療所を目指し、診療中である。

矢印大桃世界アルツハイマーデーは9月21日です。1994年に、イギリスのエジンバラ市で定められました。増え続けるアルツハイマー型認知症発症者。私たちは、この記念日にちなんで、今年もフォーラムを開催いたします。アルツハイマー病及び関連の諸疾患に関する情報を、みなさんによりよく理解していただけるようお伝えしていきたいと思います。
顔の見える診療所